窓をリフォームした方がいい理由を紹介

断熱リフォームしてみませんか?

倉庫でフロアコーティングを行う目的と注意点

time 2021/06/24

倉庫でフロアコーティングを行う目的と注意点

フロアコーティングは床に薬剤を塗布して皮膜を作る処置を指します。コーティングで形成された皮膜は衝撃を軽減させて水濡れを防ぐ効果があります。そのため、床が劣化しにくい利点があります。重量がある荷物を頻繁に出し入れする倉庫は用途の性質上、床が傷みやすい環境になっています。

荷物を運搬する車両が出入りすることもあるため、場合によっては床材が大きく損傷してしまうことがあります。床の破損は業務に支障を及ぼしたり重大な事故を引き起こす原因になることから、事前にフロアコーティングを施して床を保護することが重要になります。倉庫の床は重い荷物や車両の出入りを考慮してコンクリートなどの固い材質の建材で作られているケースが多数を占めます。コンクリートの床にフロアコーティングを施す場合、撥水性や緩衝性を重視する一方で安全に作業が出来るように気を配ることが大切です。

コーティング処理に使用する薬剤の成分によっては皮膜で滑ってしまう可能性もあることから、薬剤の選択は慎重に行うように心がけます。また、フロアコーティングを行う際は皮膜を綺麗に形成させるために事前に床の欠損や陥没などの不具合を解消させて表面を滑らかにする必要があります。また、異物が混入すると皮膜の耐久性が低下してしまうので丁寧に清掃を行ってゴミが残らないように気を配ることも大切です。フロアコーティングを行う際は床の強度を上げるだけではなく、作業の効率化と安全性の維持を考慮することが満足できる仕上がりにするための条件です。

down

コメントする




窓 リフォーム